Building a custom CentOS 6 kickstart disc, part 3

http://smorgasbork.com/component/content/article/35-linux/130-building-a-custom-centos-6-kickstart-disc-part-3

  1. この時点で、RPMは準備できたのでkickstartを実行するためにディスクイメージににビルドする必要があります。
  1. リポジトリを作成するためにcreaterepoをインストールします。
  2. ~/kickstart_build/all_rpmsに全てのRPMをコピーした場合、以下を実行します。
    cd ~/kickstart_build/all_rpms
    rpm -Uvh createrepo*rpm deltarpm*rpm python-deltarpm*rpm
  3. インストールディスクのためにrepodataをビルドする必要があります。
  4. これらのファイルは、使用できるパッケージに関するインストーラの情報を提供します。
  5. ビルドマシンでCentOSディスク1から~/kickstart_buildへrepodata/comps.xmlファイルが既にコピーされています。
  6. リボジトリをビルドするためにcreaterepoを使います
    cd ~/kickstart_build/isolinux
    declare -x discinfo=`head -1 .discinfo`
    createrepo -u "media://$discinfo" -g ~/kickstart_build/comps.xml . 
  7. これで ~/kickstart_build/isolinuxの下にリポジトリデータファイルとともにrepodataディレクトリが作成されます。
  1. CDに焼くことができるISOイメージをビルドする準備ができました
    cd ~/kickstart_build
    mkisofs -o custom.iso -b isolinux.bin -c boot.cat -no-emul-boot \
       -boot-load-size 4 -boot-info-table -R -J -v -T isolinux/
    /usr/lib/anaconda-runtime/implantisomd5 custom.iso 
  2. custom.isoにISOイメージができるはずです。
/usr/lib/anaconda-runtime/implantisomd5がない場合は、以下のようにインストールする。
yum install anaconda-runtime

この場合、使い方は以下のようになる。

implantisomd5 custom.iso 
  1. CDに焼いて物理的にインストールして時間を費やすより、VirtualBoxのような仮想マシンを使ってISOをテストすることができます。
  2. システムがブートするときに、通常CentOSのプロンプトがでます。カウントダウンが終わる前に、ESCを押して以下を入力します。
    linux ks=cdrom:/ks/ks.cfg
  3. kickstart設定ファイルを別の名前にした場合は、ks.cfgを置き換えてください。
  4. インストールは自動的に進むはずです。
  5. この時点で、カスタムkickstartディスクは完成です。本当にkickstartを活用するためには環境に合わせたインストール後のスクリプトが必要不可欠です。次の記事でそこをカバーします。