CentOS KickstartでMuninを自動インストールする

yumを使ったmuninのインストール手順

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
yum install munin

rpmを依存関係含めて全てダウンロード

yumdownloader --resolve munin

BASIC認証は/etc/httpd/conf.d/munin.confで設定されている。 以下の4行をコメントアウト。

# AuthUserFile /etc/munin/munin-htpasswd
# AuthName "Munin"
# AuthType Basic
# require valid-user

サービスを有効化(httpdも有効にしておく)

chkconfig httpd on
chkconfig munin-node on

http://pocketstudio.jp/log3/2012/08/23/munin_setup_howto_for_rhel6/

↑のconfファイルはdvdに含めておくこと。

cd /root/munin/rpms
rpm -ivh *.rpm
\cp -rf /root/munin/etc/httpd/conf.d/munin.conf /etc/httpd/conf.d/munin.conf
chkconfig httpd on
chkconfig munin-node on